ペニスを大きくする方法

今のペニスサイズで大丈夫?

男なら誰もが気になるペニスの大きさ。 少しでも大きい方が良いと思うのは、男として当然の気持ちかもしれません。

でも、実際には生まれ持った今のサイズをそのまま受け入れ、何もせずに過ごしている方が多いのではないでしょうか?

ですが、今のサイズのまま何もしないのは「もったいない!」ことかもしれません。

というのも、ペニスを大きくする方法があり、それを実践することによりペニスを大きくすることが出来るからです。

「大人になったら、ペニスは大きくならないよ。」と強く信じている方は、これ以上読む必要はありませんが、 1cmでも大きくしたいと願い、「ペニスは大きく出来るかもしれない!」と思うのであれば、以下を読んでみてください。

必要なペニスサイズとは?

子供を作るために必要なペニスサイズは7cm程度といわれています。 これは女性の膣の長さが7cm程度と考えられているからです。

ただ、これはあくまでも最低限の話であり、人間として夜のコミュニケーションを成立させるには、 それ以上のサイズが必要であるのは明確です。

日本人男性の平均的ペニスサイズは「13㎝~14㎝」と言われていますが、 ペニスサイズで一番多いのが「15cm前後」であることを考えると、 平均サイズをクリアーしていても全く安心は出来ず「16cm程度」は欲しいのが本音です。

初めて女性に披露するときに、平均的なペニスサイズでは、「アレ、小さい?」と思われる可能性が高いのです。

ペニスの大きさに合わせて、女性の膣は対応できるといわれています。 なので、大きいのが痛がられるのは最初のうちだけで、いずれその大きさに見合った快感を得られるのが一般的です。 (大きすぎるのは話が別です。)

つまり、あなたと見た目も性格もまったく同じ人間がもう1人いたとして、 その人のペニスサイズが、あなたより少しでも大きければ、女性はその人を選ぶのが普通なのです。

実際、女性が求めるペニスサイズは16㎝というデータも出ています。 平均サイズや最も多いペニスサイズより、少し大きいサイズが理想として求められているのです。

「もう少し大きければ、もっと気持ち良いのに・・・。」 ベッドで愛し合っているとき、そんなことを相手の女性は思っているのかもしれません。

「あなたとのエッチが一番気持ち良い!」「私にはピッタリの大きさよ♪」 そんな優しい言葉に惑わされず、相手も自分も満足できるペニスサイズを手に入れませんか?

何もしなければペニスは大きくなりませんが、何かをすることで、ペニスは増大することが十分出来るのです。

ペニス増大サプリメント

ペニス増大サプリは一番手軽なペニス増大方法のひとつで、もっとも人気の方法と言えます。 毎日決まった量を飲むだけですので、忙しい人でも続けられるメリットがあります。

また、チントレなどとの併用も簡単にでき、その上、相乗効果が期待できるので、成功者が多いペニス増大方法なのです。

多くのペニス増大サプリには、ペニス増大に欠かせない栄養素が入っています。 また、血流を促す成分が含まれているので、勃起時にペニスに大量の血液が送られやすくなり、ペニスの大きさや硬さが変わります。 その状態が続くことでペニス増大に期待が持てるのです。

時代とともに改良されるため、配合成分は変わっています。ちなみに、現在はシトルリンやアルギニンなどがメイン成分です。

以下、口コミでの評判や人気、実際に売れている数、配合成分などから、高い効果を期待できるサプリのみ紹介しています。

「国内生産」「秘密厳守での発送」と、安心して購入できる増大サプリのみを紹介しますので、 手軽にペニス増大に挑戦したい人は参考にしてください。

ペニス増大サプリランキング

ゼノシード

知名度が高いとはいえませんが、口コミの評判が良いペニス増大サプリ。 まさに、知る人ぞ知るペニス増大サプリといえます。

ゼノシードに限らず、増大サプリの販売サイトに書いてある数字は、どうしても大げさなものになっていると思います。

ですが、ブログやツイッターなど、ゼノシードの口コミで「3cm~5cmの増大をした。」という報告が多いのは、 このサプリの実感力が高いからに他ならないでしょう。

初めてペニス増大サプリに挑戦する人、既に増大に成功しているけど更に大きくしたいと思っている人など、 ペニスを大きくしたいと考えている全ての人にオススメできる増大サプリです。

期間限定ですが、2箱以上の購入で1箱プレゼントキャンペーン中です!

まとめ買いがお得ゼノシード詳細
ヴィトックスα

ネットでの人気と知名度が高い増大サプリ。 海外での人気を引き下げ、日本人向けに改良されて、日本で販売されています。

発売以来、日本での販売実績も上々のようで、順調に人気と知名度を上げ、 現在の人気の増大サプリのひとつといえるでしょう。

「みんなが実感している、人気サプリを自分も試したい。」そんな考えの方にオススメのペニス増大サプリです。

ゼファルリン

一定期間の販売実績と人気を誇るペニス増大サプリ。 既に定番のペニス増大サプリといっても良いでしょう。

シトルリンとトリプトファンのダブル作用で増大を促すゼファルリンは、 既に一定期間の販売実績を誇っています。

販売されては消えていく、不評の商品が多いペニス増大サプリですから、 長い販売実績があるだけでも、実力のあるペニス増大サプリといえるのです。

実力のないサプリは人気がない。人気がないから売れない。売れないから販売されなくなる。という流れです。

人気や話題だけに左右されない、実績のある商品を求める人にオススメの増大サプリです。

ペニス増大器具

ペニスを大きくする方法は、サプリメント以外にも器具を使ったものがあります。 有名な商品は、ペニスポンプと引っ張る器具です。

ペニスポンプ

シリンダーにペニスを挿入し、手動もしくは電動のポンプで吸引。 吸引することで、ペニスを長く太くするように促します。

ポンプとシリンダーがそれなりに大きいことや、使える環境が限られること、 掃除の手間がかかることなどから、使える人が限られていたり、途中で離脱者してしまう人が多い器具になります。

愛用者も少なくなく、効果が出ている人もいるのですが、水ぶくれや血豆などの怪我、 フグといわれる包皮の膨張など、使い方を間違えると怪我のリスクがあるので注意が必要です。

引っ張る器具

ペニスに長時間装着して引っ張る器具です。 亀頭の付け根で固定して、ペニスを引っ張ります。

寝ている間に使えない上に、長時間装着しておかなければいけないので、日中に利用することになりますが、 「痛くて装着し続けられない。」「トイレは個室を利用しなければならない。」など、 一般的な生活環境の人には、使い続けるのが少し難しい器具になります。

使い続けられる環境が整っているのであれば、増大成功者も少なくはありません。

手術

確実にペニスが増大できる方法として、手術を考える人もいると思いますが、その考えは少し違うかもしれません。

長径術といわれる手術は、勃起時のペニス増大にあまり影響を与えません。 つまり、勃起時の大きさ(長さ)はあまり変わらないということです。

また、やり方にもよりますが、1年も経たずに元に戻ってしまうことも少なくないようです。

ペニス(亀頭など)にヒアルロン酸などを注入して、ペニスを増大させる方法もあります。 亀頭に注入すれば亀頭が大きくなるのですが、通常時も大きいままです。

また、注入するだけですから、注入する前の勃起時と、そこまでサイズが変わらない可能性もありますし、 ヒアルロン酸が体内に吸収されて、時間が経過すると元に戻るということもあります。

もし、手術に興味があるのなら、手術後に通常時のペニスの状態や勃起時のペニスの状態が、 どのようになるのかを病院と良く話し合い、納得の行く方法で手術を受けてください。

ペニストレーニング「チントレ」

サプリメント、器具、手術と紹介しましたが、どれも多少なりともお金が必要になります。 ですが、ペニスを大きくするのに、必ずしもお金が掛かるわけではありません。

ペニスの増大には、自分で出来るペニストレーニング、通称「チントレ」あります。 つまり、無料で実践できるペニス増大方法があるのです。

ジェルキング(ジェルク)

ジェルキングは世界的に有名なペニス増大方法のひとつで、適度に勃起したペニスの血液を、亀頭に強制的に送り込むことで、 ペニスの膨張を促し増大を狙うペニストレーニングです。

やり方は、勃起率50%程度の状態で、指でOKマークを作ってペニスの付け根を握り、 その手を亀頭に向けてスライドさせていきます。

このとき、潤滑剤になるものとしてジェルを使用します。 ジェルがなければ、リンスなどでも代用できるようですが、高いものではないのでジェルを用意しましょう。 ちなみに、石鹸やシャンプーは肌を痛めてしまうので、絶対に使用しないでください。

握る強さと回数は、慣れるまでは軽めに握り100回程度にしておき、 慣れてきたら少しずつ回数を増やしたり、握る強さを強くしたりします。 最終的には、様々な強さで握り、500回程度のトレーニングが出来ると良いでしょう。

(*握る強さ、回数、スライドさせるスピードは、実際にやりながらあなたにあった方法を探してください。)

ジェルを使うので、お風呂場などでやるとトレーニング後の処理が楽です。

ジェルキングやミルキングを実践しようと思っている人は、必ずこのページも読んでください。 詳細なやり方はもちろん、実践する上での注意点なども説明しています。

ミルキング

理論はほとんどジェルキングと同じです。 違いはジェルキングがスライドさせるのに対して、ミルキングは指で順番に握るということです。

勃起率50%程度の状態のペニスを、付け根から握るようにして、血液を亀頭へを送り込みます。

握るので、基本的にジェルなどは必要ありませんが、何度も握っているとペニスの皮が痛くなってしまいます。 状況に合わせて、ローションやクリームを利用しましょう。

回数やスピードなどの考え方は、ジェルキングとまったく同じです。 あなた自身が実践して、ベストなやり方を探してください。

手で引っ張る

ジェルキングやミルキングは血流を亀頭へ押し流す方法ですが、単純に手で引っ張ることも出来ます。

勃起していない状態のペニスの亀頭付け根部分を、手でOKマークをつくり逆手で掴みます。 そのままの状態で、左右上下に引っ張ったり、引っ張りながらぐるぐるまわしたりします。

慣れないうちは勃起してしまったり、あまり強く引っ張れなかったりしますが、 慣れると腕が疲れるくらい引っ張れますし、それくらい引かないとあまり効果も期待できません。

とは言え、お風呂などで一番簡単に出来るトレーニングですので、毎日5分程度実践してみてください。

生活習慣

無料で出来るペニス増大方法として提案したいのが、生活習慣の見直しです。 「面倒臭い・・・。」が本音でしょうが、生活習慣の見直しは健康にも良いので、 出来ることは実践しておきましょう。

質の良い睡眠

22時~2時の間が成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムと言われていますが、 実際には寝付いてからの3時間が一番成長ホルモンが分泌されます。

つまり、何時に寝ても、寝付いてからの3時間を質の良い睡眠にしてあげれば良いのです。 ただし、規則正しい生活も大切ですので、決まったサイクルで寝て起きるように心がけましょう。

そうすることで、ペニス増大につながる大切な朝立ちの質も上がります。

適度の運動

仕事の忙しさからスポーツを全くしていない人も多いのではないでしょうか?

少し汗ばむ程度、少し呼吸が激しくなる程度の運動でかまわないので、日ごろから体を動かすことを心がけましょう。 心肺機能の強化は、血流を促すことにつながりますし、有酸素運動により血中コレステロールが下がり、 血液がさらさらになれば血流量もアップします。

体を痛めてしまうような、急激な運動や激しい運動は必要ありませんが、適度な運動は必要なのです。

暴飲暴食

「インスタント類が中心の食事」「脂っこいものやおかしばかり食べている」「夜遅い時間に間食」 「毎日の晩酌の量が多い」など、体に悪そうなことはペニス増大にも悪影響を及ぼします。

健康とペニス増大のため、野菜中心の食生活を心がけ、休肝日を作るなど、健康的な食生活を心がけてください。

30代を過ぎると食生活の乱れで、簡単にドロドロ血液になります。 ドロドロ血液はペニス増大と健康の敵ですので、気をつけましょう!

禁煙

喫煙している人なら知っていると思いますが、タバコを吸うと血液が収縮します。 タバコを吸ってクラクラすることがあると思いますが、それは血管が収縮している証拠です。

血管が収縮すると、血流は悪くなってします。 血流が悪くなると勃起の状態にも影響が出ますし、強い勃起が得られない状態ではペニス増大の可能性も低くなってしまいます。

多大なストレスを抱えてしまうと、それはそれで勃起に影響が出てしまいますが、 無理のない範囲で、喫煙本数は減らした方が良いでしょう。

可能であれば、キッパリ禁煙してください。

ベストなペニス増大方法は?

ペニスを大きくするために出来ること、その選択肢をいくつか紹介してきましたが、 ペニスを大きくするのに、ベストな方法はどれなのでしょうか?

あなたにとってベストな方法を、ここで教えてあげることは残念ながら出来ません。 それは個人差があるからです。

ただ、実践している人たちの成功率や、様々な生活スタイルを考慮した上で、 誰でも実践出来そうなペニス増大方法となれば、選択肢は限られてきます。

ペニス増大の成功率が高く、多くの人が実践できる方法は 「ペニス増大サプリ+ペニストレーニング+生活習慣の改善」です。

ペニス増大サプリは飲むだけですので、時間のない人でも実践出来ます。

ペニストレーニングはどれを実践するかで多少違いはありますが、どれも入浴(シャワー)と一緒に出来ます。 また、お金も掛かりません。(ジェルキング実践時のジェル代程度)

ペニス増大サプリを飲むのであれば、 ペニスを引っ張るトレーニングを、毎日お風呂で数分するだけで十分でしょう。

生活習慣の見直しは、「健康のためにいろいろと気を付けていると、ペニス増大にもつながる。」 といった程度の心構えでかまいません。健康を意識して日々の生活を改善しましょう。

上記の方法は、忙しい人でも実践できる内容なのでオススメなのですが、 ペニス増大サプリ+ペニストレーニングは成功報告のもっとも多い方法でもあるのです。

手術はリスクが伴いますし、費用対効果が良いとはあまりいえません。 器具は実践できる条件が厳しいので、誰でも出来るとはいえません。

基本的にはペニス増大サプリを飲み、日々可能なペニストレーニングを可能な範囲で取り入れ、生活習慣に気を配りながら生活する。 たったそれだけで、あなたのペニスは成長してくれる可能性を秘めているのです。

何もせずに日々を過ごしていれば、あなたのペニスはずっと今の大きさのままです。 しかし、何かすればペニスが大きくなる可能性が十分にあります。

たったの1cmでもペニスが大きくなると、自分での見た目はもちろん、女性の反応も変わってきます。

愛する人を喜ばせたり、一夜のチャンスで失敗したり、風俗嬢に笑われないように、 簡単に出来ることから始めてみませんか?

「ペニス増大サプリを注文してみる。」「今夜からお風呂でペニスを引っ張ってみる。」 そんなあなたの行動が、数ヵ月後のあなたのペニスを大きく変えているでしょう。

今日、今から、ペニス増大の第一歩を踏み出してください!