ペニスを大きくする方法
ペニスを大きくする方法  > 性行為と必要なペニスの長さ

性行為に必要なペニスの長さの関係

性行為は、女性の膣内にペニスを挿入する行為を言いますが、良く問題とされるのが大きさです。

男性側からすると大きければ大きいほど良いと思われがちですが、 女性側からすると別に気にしていないというケースも少なくないです。 ちなみに、大きさとはペニスの長さのことをいうと解釈され、長ければ長いほど大きいとされています。

そして、ペニスは通常時の長さよりも、勃起した状態の長さが重要となり、 一般的には勃起時の長さをペニスの長さとしている文献が多いです。

ちなみに日本人の平均的な長さとしては、男性の自慰向けの器具を製造している、 ある会社のアンケート調査によると、勃起時に長さが平均13.56cm、竿の直径は3.19cmという結果となっています。

自己申告なのでどこまで正確かはわかりませんが、数が膨大なので、信憑性は高いでしょう。 尚、自慰玩具を使うことを想定しているので、非押し付けでの計測です。 押し付け計測なら、15cm程度になりそうなので、これも世間的なデータにマッチします。

実際に性行為をする時に必要となるサイズがどのくらいかについては、 女性の膣に挿入して子宮に届く長さがあれば、その程度で良いとされています。

女性の膣内は細菌による感染症を防ぐために酸性化されており、手前で射精しても精子が子宮に到達しにくい状態です。

そのため長さは当然必要となりますが、必要とされる長さは、女性の膣口から子宮まで7~10cm程度が普通であるため、 ペニスの長さも約8cmあれば、機能的には十分な長さとなります。

しかし、機能的には十分な長さだとしても、女性をオーガズムに導くことが出来るかといった点が最も課題です。 それについても、一応8cm以上存在すれば、十分に可能となります。

また、オーガズムに導けるかは長さよりも太さや硬さも重要となることも多いです。 そのため、平均サイズのペニスの長さで、太さも硬さもあるなら、基本的には特に問題は生じません。

具体的には、非押し付け計測で13.5cm程度、押し付け計測で15cm程度であれば、性行為する上で支障はないです。

ペニスは発育状況などによって個人差もあり、中には平均よりも遥かに長さがある20cm近くの人もいます。

仮にそのくらいあって、性行為をする場合では子宮には容易に届いてしまいますが、 女性の中には痛みを感じるケースもしばしばあるそうです。

少しぐらいの長さであれば、膣内はペニスに合わせて伸張するので対応が可能ですが、 逆に長すぎると性行為自体が難しくなるケースもあります。

その場合には性行為の体位などを工夫することで解決することも可能です。 もっとも女性によっては、長いペニスの方が好きな方もたまに存在することもあります。

ページの先頭へ