ペニスを大きくする方法
ペニスを大きくする方法  > セルフチントレは効果的?

セルフチントレの種類は?

自らの手で実践するチントレで有名なのが、ジェルキングとミルキングです。

他にも、引っ張ったり、揉んだりと、細かいものはいろいろとありますが、 やり方も含めて一番広まっているのが、ジェルキングとミルキングでしょう。

ジェルキングはペニスの付け根から亀頭へ向かいOKマークの指をスライドさせて行います。 ミルキングはペニスの付け根側から順番に指に力を入れて握っていきます。

お分かりのように、やり方が違うだけで、狙っている効果はどちらも全く同じです。 ペニスに集まるう血流を利用して、ペニスを圧迫し、ペニスを大きくしようとするチントレなのです。

日本だけでなく、サイズに悩む世界中の男性が実践しているというジェルキングとミルキング。 ジェルキングを例に、メリットデメリットを考えてみましょう。

ジェルキングのメリット

ジェルキングのメリットはお金をかけず、誰でも自分で出来るところです。

ジェルキングと呼ばれるくらいですから、ジェルが必要になりますが、他には何も必要ありません。 ペニスと手の潤滑剤となるローションなどがあれば良いので、ほとんどお金が掛からないのです。

また、もし今日から始めたいと思えば、潤滑剤だけあれば今日からでも始められます。 自分の手で実践するものなので、今すぐにでも始められるのです。

あとはやり方が非常に簡単です。

ペニスの付け根をOKマークでつかみ、それを亀頭の下、カリ部分までスライド。 その手をはなすと同時に逆の手でペニスの付け根をOKマークでつかみ、カリの部分までスライド。 と、これを繰り返すだけです。

始めはぎこちなくなるかもしれませんが、慣れれば高速でこなすことも出来ますので難しいことはありません。

ジェルキングのデメリット

ジェルキングのデメリットはやり方が単純なだけに、怪我してしまうことも少なくないということです。

メリットでもある簡単で単純な手順のジェルキングですが、逆に言えばわかりにくいところも少なくありません。

OKマークで握る力加減。スライドさせるスピード。1日に実践する回数など。自由度が広いのです。

なので、強く握りすぎたり、スライドさせるスピードが速すぎたりすると、亀頭に過剰な力がかかり、 うっ血させてしまったり、ひどいと出血してしまうこともあります。

これから始めようと思っているのなら、少しずつペニスの様子をみながら負荷をかけるように実践してください。

セルフチントレの効果は?

世界中で実践されているというジェルキングやミルキング。 本当に海外でも行われているのかと疑問に感じる部分もありますが、 海外のやり方動画を以前みたことがあるので、たぶん海外でも実践されているでしょう。

そうなると、世界的に実践されているペニス増大法として、その効果にも期待したくなりますが、 ジェルキングやミルキングだけで、ペニスが大きくなったというブログやサイト、 またはSNSなどをあまりみかけません。

中には、ペニス増大している人もいるのですが、信憑性が怪しい人もいます。 ただ、ペニス増大サプリとの相性はなかなか良いようで、ペニス増大サプリを飲みながらジェルキングをしていて、 ペニスの増大に成功している人はそれなりにいました。

ジェルキングが特別成功率が高いという感じはなかったのですが、 ペニス増大サプリと増大器具の両方となるとお金が掛かるので、 ペニス増大サプリを飲むことを考えれば、ほとんど無料で出来るジェルキングは、良いチントレなのではないかと思います。

これからペニス増大サプリを飲もうと考えているのなら、ジェルキングを一緒にやることを検討しても良いと思います。

ページの先頭へ