ペニスを大きくする方法
ペニスを大きくする方法  > ペニスを長くするなら長径手術が早い?

ペニスを早く確実に長くするなら長径手術?

確実に手っ取り早くペニスを長くする方法として、長径手術を思い浮かべる人も少なくないでしょう。確かにペニスを長くするなら、長径手術が早くて確実なのかもしれません。でも、本当に長径手術はペニスを長くするのに良いものなのでしょうか?

長径手術はクリニックによってやり方が違いますが、主にやり方が違うのは皮膚の切り方で、ペニスを長くするためにペニス付け根の上側靭帯を切除するやり方は基本的には同じです。

ペニスを固定している上側の靭帯をカットして、ペニスを垂れ下げるようにして引き出します。なので、クリニックの違いや個人差はありますが、ペニスを2cm~10cm長くすることが可能です。

ですが、この長く出来るサイズは通常時の話です。勃起時には大きな影響を与えないケースがほとんどです。手術のやり方を単純に考えればわかると思いますが、この手術方法で勃起時のサイズを大きくするのは難しいのがわかるでしょう。

クリニックの説明にペニスを引っ張り出すようなことが書いてありますが、靭帯で固定されているペニスの位置を変えているだけですので、引っ張り出しているのとは少し意味が違います。

また、ペニスにメスを入れると言うのは、大変大きなリスクを背負っていることを忘れてはいけません。ペニスの靭帯をカットするのですから、勃起時のペニスの角度が変わるかもしれません。皮膚や靭帯付近になんかしらの後遺症が残る可能性もあります。

また、少しだけしか長くならなかった上に、1年で元に戻ったと言う話しもあります。

長径手術は包茎手術とはレベルが違うのです。

長径手術をしたら、エッチはもちろん、自慰行為も長い間出来ません。お風呂もしばらくは無理です。料金も安いとは言えません。

リスクや不自由を含め費用対効果を考えたときに、本当に長径手術が必要なのかどうかを、もう一度考えてください。

一度、ペニス増大サプリや器具を使って、ペニスを大きくする方法を試してからでも遅くはないと思いませんか?

全ての長径手術を否定するつもりはありません。中には素晴らしいクリニックがあって、勃起時のペニスを数センチ大きくしてくれるかもしれません。それでも、一度自分でペニス増大を試してみる価値はあると思います。

手軽なサプリメントなどで、ペニス増大に成功している人も少なくないのですから・・・。

もしも、クリニックで長径手術を受けることを決意しているなら、クリニックと良く話をし、納得してから手術するようにしてください。

手術の方法。手術後のペニスの状態(通常時、勃起時)、手術後の生活、手術の料金、手術で考えられるリスクなどなど。

クリニックはひとつで即決せず、いくつかまわってから決めるようにしてください。

ページの先頭へ